hanami4.bmp

2009年09月27日

我らが師匠の件



※ブログの最後に大切なお知らせがあります。


僕らの田んぼは、

無肥料・無農薬・ポジティブ農法

おコメを育てています。







肥料や農薬をやらなくても、

ポジティブな言葉や態度や気持ちで接することにより、

力強いおコメが育つのではないか?という仮説に基づいて、

ど素人が寄ってたかって稲作に挑戦する新感覚の農法です!



そこで!


今回は我々の農法の師匠について、お話させていただきます。


近藤 亨(とおる)先生をご存知でしょうか。



tooru.bmp



70歳からネパールのムスタンという

世界で最も貧しいと言われている地域に行き、

アメリカの最先端の技術チームが失敗した造林に成功し、

果樹園をつくり、鯉の養殖を成功させ、

ついには、標高2750メートルのムスタン・ティニ村で

世界最高高度の稲作に成功されました。



tooru.bmp


ちなみに、近藤先生は果樹技術者で、稲作等は素人です。










更に、それにとどまらず、

標高3600メートルのガミ村に病院をつくり、

ムスタン全体に、小学校を8、中学校を5、高校を2校設立され、

完全給食制を導入。

登校率120%をマークしておられます。



tooru.bmp


ちなみに、近藤先生は果樹技術者で、学校運営等は素人です。









こんな凄い日本人がいるのかexclamation×2




そして、近藤先生は、我らが新潟県出身の大先輩です。






実は、昨年、近藤先生が湯沢に来ているという情報を耳にし、

村上から車をすっ飛ばして急行し、

湯沢の駅構内のレストランで先生を見つけ、

お話しさせていただいたことがありました。



P1000210.JPG



その時に、



「あなたが農業をやる時は、私が全部、教えてあげるから」


という、ありがた過ぎるお約束を頂いていました。




僕はコメづくりをするにあたり、近藤先生の本を読みまくりました。

そこには、温度管理や、育苗技術など、多くのことが書かれていましたが、

近藤先生のコメづくり(ほか、事業全般にわたって)のキモは、

ポジティブさである。

と強く感じ、そこにヒントを得て、

新青協の、無肥料・無農薬・ポジティブ農法が誕生したのです。



草取り真っ盛りの7月15日。


体調を崩して一時帰国された近藤先生の入院先の病院に、

新青協メンバーでお伺いしました。


019.jpg


近藤先生は思いのほかお元気で、皆にコメづくりのアドバイスをしてくださいました。



003.jpg


最年少隊員(当時生後6ヶ月)も抱っこして可愛がって頂きましたぴかぴか(新しい)



会話の中で、近藤先生のポジティブさを再確認したのでご紹介いたします。




鍋ッTが、田んぼの雑草の生え具合などを心配し、質問をしたところ・・・・







師答えて曰く



019.jpg



あんた日本なんて、

どんなやり方しても、農業は成功するわ!




標高2750メートルでコメづくりをしている方です。

何も言えません。








でも、

さすがに原爆から生き残った稲を育てていると知ったら、

驚くでしょう。

僕らより、戦争の悲惨さや、原爆の恐ろしさを知っている方ですから。







師答えて曰く



019.jpg



あんた原爆なんて、人間でも生き残るんだから、

コメなんて当然、生き残るわ!




標高3600メートルに住んでいる88歳です。

何も言えません。





近藤先生は、



016.jpg


ムスタンでの暮らしや、農業について、アルバムを開きながら話してくださり、



新青協のために、


Image070.jpg


筆とすずりをとって、



Image078.jpg



「新潟青年協力隊」



Image073.jpg


「ポジティブ米」


と、揮毫してくださいました。




数日後、

「僕は日本に居ても価値が無い」

と、おっしゃられ、ムスタンへ帰っていかれました。



本当に全生命をかけて、

農業とムスタンの地域開発に取り組んでおられる方です。




tooru2.bmp



偉大な師匠に見守られながら、

新青協のポジティブ米、収穫間近です!!






新青協の稲刈り

揺れるハート農コンハートたち(複数ハート) GOLD RUSHぴかぴか(新しい)

10月10日・体育の日。


申し込み・お問い合わせは、

イベントクラブ・アクセス

0120−455−310 まで





そんな新潟が生んだ超・偉人 近藤 亨 先生に

お会いするチャンスがあります!!



9月27日(本日) 16時30分〜17時 新潟テルサ

近藤亨 特別講演 

「秘境ネパール・ムスタンの現状を語る」

入場無料!!



新潟青年協力隊 歓喜
posted by 新潟青年 at 01:40| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 素人ばかりで日本一のコメを育てる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えー今日なの!
新潟に来ているんだね。

以前、一冊だけ近藤先生の本を読んだことがあり、興味津々です。
Posted by まーさん at 2009年09月27日 07:32
まーさん


そうなんですよ!

って、今、このコメントを読みました!

お会いできましたか??

Posted by 歓喜 at 2009年09月28日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

米作り×恋作り = 農婚?
Excerpt: 新潟青年協力隊さんのポジティブ米が、いよいよ収穫です。 稲刈りが終わるころには、婚活のほうも実りを迎えるのでしょうね^^。 さてさて。参加条件は未婚であることです。 スタッフ・サポートは条件..
Weblog: 郁丸ブログ
Tracked: 2009-10-01 16:05
RSS取得