hanami4.bmp

2010年06月18日

6月18日は恩師のお誕生日の件

6月18日

我らが師匠・近藤亨先生

89回目のお誕生日です!ぴかぴか(新しい)


近藤亨
近藤亨 posted by (C)新潟青年協力隊



ムスタンに行かれてから、

20年になるのですね!

近藤先生のお誕生日を記念して、

以前、近藤先生から伺った、

ムスタン行きを決意するまでと、

その志を支えられた、

近藤先生の恩師・丹羽 鼎三(にわ ていぞう)先生の言葉を

ご紹介いたします!


近藤先生の師匠・丹羽鼎三先生
近藤先生の師匠・丹羽鼎三先生 posted by (C)新潟青年協力隊



●家族を捨て、故郷を捨て、祖国を捨てての鹿島立ち

 じつは僕も、ムスタンに行くことを決意するまでは悩みました。輾転反側、眠れぬ夜を過ごしたんです。現地で人を雇い、長い歳月を過ごすことを考えると、どうしても二、三千万の金は必要になります。県庁の退職金などは、その後の家族の生活費を考えるといくらも残りません。「親方日の丸」といった環境で働いてきた身なので、資金調達の妙案などは浮かんでこない。
 そこで先祖伝来の山林を、密かに、義兄に売却して活動資金をつくったんです。これで準備は整った。しかし家族や関係者にどう伝えるかでまた悩んでね。猛反対するに決まっていますから。
 そんな時、絶好の機会が訪れました。JICAを定年退職して、永年の功労をねぎらう帰国祝賀会があったんです。その席上で「もう一度、ムスタンに行き、今度は一人の農業者として、ムスタンの開発に努めることにしました」と発表したんです。会場は万雷の拍手のあと、我に返ったように静まりかえりました。
 その後、ざわめきのなかで、親戚や友人があわてて寄ってきてね。口々に諌めるんですよ。家族にも何も話していなかったもんだから、それはたいそう反対されましたよ。しかし一回みんなの前で言ってしまえば後戻りは出来ませんからね。「もう決めたんだ。先祖伝来の山や田んぼ、畑をぜんぶ売り払ってしまった。ボランティアをやるには同志の信頼を得なければならない。それには自分だけ財産を持っていてはいけない。丸裸になって行くんだ。頼む、行かせてくれ」と言ったら最初は反対していた家族も、次第にあきらめていきましたね。我が家はもともと、それぞれの生きる道には干渉しあわないという家訓でしたから。その代わり、子供たちにもやりたいことをやらせてきました。

●隻眼痩躯の恩師・丹羽鼎三先生

 ムスタンに行くことを決めたのは、恩師である丹羽鼎三先生の「近藤よ、安易な道を選ぶなかれ。常に弱者の味方たれ。節を曲げることなかれ」という遺言ともいえる言葉でした。
 平成十五年三月、JICAの勤めを終え、日本に帰国しました。桜舞うなか、多摩墓地にある先生のお墓の前に額づいてムスタン行きを誓い、腹をくくりました。
 先生は加茂農林専門学校(新潟大学農学部の前身)・初代校長で、仙台の伊達藩の武術の師範をやっておられたこともあります。顕微鏡の覗きすぎで、片目が潰れてしまったというくらい勉強熱心、一徹な先生でした。
 一方、僕は若いころは肺病で、「二十歳まで生きられないだろう」と言われていました。肺病が治ってから学校へ行ったので、二十七歳の頃に先生に出会ったんです。本当は文学青年で、作家か文学者になろうと思っていたから、農業なんて興味はなかったんだけどね。家の近くに専門学校ができたから、長い闘病生活の息抜きに行ってみるかというぐらいで(笑)。
 しかし丹羽先生と出会ってから、少しずつ農業に惹きこまれていった。先生は農場の管理人室に一人で住んでおられました。他の連中はおっかながって近づかなかったが、僕はやはり変わっていたんだろうね、毎日、そこに一人でとことこ通っていたんですよ。五十も年上の先生に、自分の農業に対する疑問を真正面からぶつけていきました。
 当時は作付け制限や、大型機械化という方向に進んでいたから、「このままでは日本の農業がだめになると思う」と先生に言ったら、「俺もそう思う」と言われてね。「農林省や県の奴らには分からんのだ。近藤、はやく一人前になって頑張ってくれ」なんて言われて。僕の原点は、丹羽先生なんだね。「ただの技術屋になるな。君なら、恵まれない人のために働けば、多少は世の中に名を残すだろう」と言われていました。それ以来、丹羽先生の言われた通りに生きてきて、この歳まであっという間でしたよ(笑)。



 お話を伺い、稲作を営む我々は、現地に行ってみたい衝動に駆られました。

ムスタンまでの交通費さえ出せば、

現地での生活は面倒みるから心配いらないよ。


と言って下さる近藤先生。

丹羽先生が近藤先生にもたらした情熱は、

今、私たちに受け継がれようとしています。


近藤先生、

お誕生日、本当におめでとうございます!


新潟青年協力隊 総隊長




posted by 新潟青年 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。