hanami4.bmp

2011年03月12日

災害ボランティアの件

東北地方太平洋沖地震について、

各地の新潟青年協力隊メンバーには大事はなかったようで、ひとまず胸をなでおろしております。

新潟青年協力隊では、支援ボランティアを行わないのか?とのお問い合わせを多数いただいております。

現状、下記自由により、ボランティア活動は見合わせております。

@宮城はじめ各県の災害ボランティアセンターのサイトなども更新されておらず、状況がつかめない。

Atwitter、Facebookにも、ボランティアを求める声が上がってこない。

B道路の交通状況、放射能汚染状況もつかみきれない。

C地震はまた起こるかも知れず、ボランティアに行くメンバーが二次被害に遭う恐れがある。

D阪神大震災の時もそうでしたが、ボランティアが必要になるのは、被災から、数日後です。それまでは、いたずらに動くと、かえって混乱を招く恐れもあります。


新潟の地震も油断できず、余震がつづく関東支部のメンバーも現状は無事ですが、気がかりです。

中越地方には津波の心配もあります。

宮城県栗原市には、私の母の実家があり、親戚もたくさんいます。

現状、全員の安否が確認されております。

ボランティアの必要性は、いまだ分かりません。

まずは自分たちが、被災者とならないよう、万全の準備をしてまいりましょう。

「行く!」となったら、必ずお声がけをしますので、今は、油断無くお待ちください。

お問い合わせを頂いた皆様、ありがとうございました。


新潟青年協力隊 総隊長
posted by 新潟青年 at 12:55| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災の件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。