hanami4.bmp

2011年08月04日

水尻を修理した件

先の記録的豪雨では、水没の憂き目にあった我々の田んぼですが・・・


5月末から、6月上旬にかけては、


5月30日 002
5月30日 002 posted by (C)新潟青年協力隊



なかなか水が溜まらず、



5月31日 003 posted by (C)新潟青年協力隊


それはそれで難儀でした。


6月2日
6月2日 posted by (C)新潟青年協力隊



水漏れの修理は、なかなか厄介で、漏れている穴の入口と出口を見つけるのが難しい。

先延ばしにしてきたけど、もうこれ以上は延ばせない。

重い腰を上げて、


6月5日


谷口あつしくんと一緒に、修復にとりかかりました。





家元も一緒にやるはずでしたが、家庭の事情により、到着が遅れるとのこと。





今回の水漏れは、

どうやら水尻(田んぼから水を落とすところ)付近が損傷していると思われます。


これにはけっこう手がかかりそうなので、家元が来るまで、

水尻の修理の前に、水口(田んぼに水を入れるところ)を設営することにしました。


6月11日 (6)
6月11日 (6) posted by (C)新潟青年協力隊


水口は、

田んぼに水を入れるほか、

みんなが手や足を洗う場所なので、

なるべく過ごしやすくなるよう設営してみました。




水尻の水が出る土管のわきに

5月31日 002
5月31日 002 posted by (C)新潟青年協力隊



こぶし大の穴が空いており、ここから水がダダ漏れしていました。


5月31日 001
5月31日 001 posted by (C)新潟青年協力隊



ただ、田んぼの内側のどこに穴が空いているのかが分かりません。


6月4日 013
6月4日 013 posted by (C)新潟青年協力隊



そこで、水尻全体を、あぜシートで囲み、堤防を創ることにしました。





作業開始から2時間。

水漏れが止まり、

片付けが済んだころ、

家元がやってきました。


遅くなっても、きちんと駆けつけてくれるというのは、嬉しいものです。

ありがとう。


新潟青年協力隊 総隊長




posted by 新潟青年 at 14:56| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災の件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。