hanami4.bmp

2009年04月07日

素人ばかりで肥料も農薬も使わず、日本一のコメを作ろうという無謀な挑戦をする件

book.sotokoto200511.gif


最近、ロハスとかマクロビオティックとか、よく聞く。


自然派志向がメインストリームになっていく。


安心・安全というのが、当たり前ではない世の中。


病気は悪。


醜・害・悪。



病気は痛い、汚い、苦しい、異常、早く治さなきゃいけない。



クスリは副作用があるから、漢方にしなさい。



いやいや漢方だってクスリです。副作用だってあるから、自然のものを食べなさい。



何をおっしゃるんです。野菜だって摂りすぎはよくない。副作用だってあるんだから。



え!?野菜にも副作用とかあるんですか?



じゃあ、いったい、何を摂れば・・・・



コメですよ。



エ?



コメ。



コメですか。



コメです。


コメはね、パーフェクトフードなんです。


はぁ。


だから日本人は昔からコメを食べてきたんです。


じゃ、コメ食べます。


ダメ。


え。


コメ、ダメ。


今の日本のコメは農薬ジャブジャブの化学肥料特盛りですから。


有機農法で作ったコメならいいんですよね?


化学肥料じゃなくて堆肥なら・・・・・・・


ダメ。


え。


コメ、ダメ。


堆肥を出す牛や豚・鶏は化学肥料満点の飼料を食べ、抗生物質漬けにされてますから。


じゃあ、安全な食品はどこにあるんですか!?





いろんな本や雑誌に書かれていることを俺の脳内で要約するとこんな感じになる。




とにかく肥料や農薬は悪者。


でも日本のほとんどの農家は使ってる。
 

農薬と化学肥料に漬けた野菜にワックス塗って、ピカピカにして売ってる。


悪者です。


なんでそんなことするの?


自分勝手な。


農作業が辛いから?


人手が、後継者が足りない?


自分勝手なこと言わないでよ。ねぇ、奥さん。




じゃあ、農薬も科学肥料も使わなかったら?


人手も少ないし、収量は落ちます。


売る量は減り、収入も減るけど仕方が無い。


でも自分たちが食べる分はちゃんとあるから、食うには困らない。


食べ物を売ってもらえなくて困るのは誰?


自分勝手なのは誰?




だからって、肥料・農薬を否定するわけじゃない。


でも、現場の事情を分からん奴が言うのも理不尽だ。不合理だ。




じゃ、いっぺん作ってみるか!肥料も使わず、農薬も使わず、素人だけで、手作業で!!


そしたら分かることいっぱいあるやろ。




しかし、ただ作るだけじゃつまらない。


どうせなら日本一のコメをつくろうぜ!


日本一のコメ!


何で日本一?


味?


値段?


いやいやいや、そんなもんじゃない。


俺らが目指すべきは・・・・・


ポジティブさ日本一!


日本一ポジティブなコメを育てるのだ!!!



一緒に育つのだ!!!




新潟市中央区白山浦にある喫茶TENの店頭にポリバケツが置いてある。


Image246.jpg


その中には日本一ポジティブなコメになる予定の籾殻が水に漬けられている。

Image242.jpg


茶を飲みにきた客が、通りすがりの人が、青年新潟協力隊のメンバーが、皆、前向きな言葉をかけていってくれる。


Image245.jpg


お蔭様で予定よりも、かなり早い時期に、発芽し始めやがった!


Image243.jpg


こいつなんて、芽っちゅうか、根っこみたいのん出てる!


Image244.jpg


種まきは24日の予定だったが、どうやらコメの方は大分、前のめりなようで待ちきれないらしい。


さすがポジティブ米!


この思わぬハプニングもポジティブな俺らは楽しく乗り切る!


日本一ポジティブな思いの詰まったコメ、限定10俵のみ販売予定!!!




青年新潟協力隊(仮称) 歓喜
posted by 新潟青年 at 02:09| 新潟 ☀| Comment(3) | 素人ばかりで日本一のコメを育てる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

米づくり着々と進んどります

米づくりセット買出しツアー行ってまいりました!

本日の下見は,作業着と苗づくりに必要な道具を見て来ました!



車中ー

1.jpg




とりあえず農業には作業着必要でしょってことで,最初にお邪魔したのは「銀座」さんです!

2.jpg

つなぎ,作業着いっぱいあってお勧めですよ!







お次にお邪魔したのはコメリ河度店さんです!

ポジティブ米の苗づくりに必要な道具を下見しました!





まずは,苗づくりの床土として「くん炭」です…
3-1.jpg

予想以上に土がいっぱい必要でした…またお邪魔します!



そして「ビニルシート」です…
4-1.jpg

苗づくりの土の下に敷きます。



週末は桜ですね!楽しみにしてます!


by S2



posted by 新潟青年 at 20:59| 新潟 | Comment(2) | 素人ばかりで日本一のコメを育てる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

定時を過ぎた頃、市役所にやってくる男の件




不夜城。









Image253 (1).jpg






疲れを知らず、昼はいとまをとどめ、夜は眠りを断ち、市民のために蠢く男たちがいる。



新潟市中央区白山浦
新潟市役所 白山浦庁舎 4階 農業政策課。






午後6時。





Image252 (1).jpg




ちょっとお伺いしたいことがあり、既に閉庁されている庁舎内に突入。
エレベータを待つのももどかしく、階段を3段飛ばしで一気に4階へ。



Image251 (1).jpg




こんばんは!


今日は収穫後のコメの保存方法を相談に来ました。
青年新潟協力隊から潜入している隊員SS氏はお休みを頂いていた。
そこで、最近SS氏のご紹介で入隊した関根さんにお話しを伺う。




Image249.jpg






【収穫後のコメの保存方法】

●モミのまま、低温(15度以下)にて保存する。
●温度、湿度を一定に保つ。
●当然、ねずみや虫の居ない場所。冷蔵庫とか。








しかし、
600`cものコメは喫茶TENの冷蔵庫には入らんだろう(笑)

どこかポジティブに保存しておける環境を見つけるor作る必要がある。


農業政策課の皆さん、お邪魔しました。

お茶、おいしかったです。



Image250 (1).jpg





青年新潟協力隊(仮称)  歓喜


posted by 新潟青年 at 18:32| 新潟 | Comment(4) | 素人ばかりで日本一のコメを育てる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

信濃川のほとりにコメが生えてたら、それは僕たちのせいである件

image001.jpg



花見に引き続き・・・・・









200904131712000.jpg


今日は、
コメの散歩@やすらぎ堤のご報告









先日も書いたが、僕らド素人軍団・青年新潟協力隊が育てているポジティブ米(仮称)は、前向きなあまり、成長が早く、激しく発芽している。

予定より2週間ほど早い。




このまま、水に漬けていると、腐ってくる可能性があるとか!!


200904130649000.jpg





200904121020001.jpg





シャバい状況に焦った僕らは、苗床の準備が整う20日までなんとか稲を保たせるために、地域振興局農業企画課のKさんにお話を伺った。



すると、
「洗濯機で脱水かけて、冷蔵庫で保管すれば大丈夫」
とのこと。













・・・・・・・・・・・・・・・マジで?





そんなことして芽ぇとか、もげないんですか?





大丈夫です。コメは生命力つよいから」







・・・・・・・・さすがポジティブ米。





じゃぁ、とりあえず、そうするか。。。








しかしこれから冷蔵庫に入るコメに、最後に(?)いい思いをさせてやりたい!

200904131704000.jpg







というわけで、
やすらぎ堤にコメを散歩に連れて行くことに!






※コメは流水に漬けると喜ぶそうです。







200904131711000.jpg


200904131715000.jpg


200904131714000.jpg



チューリップや桜を愛でながら、信濃川のほとり・やすらぎ堤に到着!





いよいよ、コメを川に漬けます!


200904131720000.jpg






と、届かない・・・・




200904131720001.jpg





カラダを張って着水!




200904131721000.jpg





交替しながら着水!




200904131721001.jpg










「ちょっと無理あるよなぁ」


200904131721002.jpg












さすがにしんどいので、もうちょい浅いとこに移動。



200904131810000.jpg















200904131749001.jpg



ここなら安心。








さて、コメが水に漬かっているうちに・・・・



200904131727000.jpg





遊びますか!



200904131805000.jpg



ぶーん



200904131806000.jpg



ぶぅーん










ふと、後ろを振り返ると・・・・・











川が大氾濫している!?











信濃川名物のウォーターシャトルが通った後、川辺には大波が打ち寄せるのだ!

070513_153601.jpg











コメが!タネモミが流される〜!!!



200904131740000.jpg




あぁ〜
だいぶ流されてる〜〜











200904131740001.jpg



なんとか救出!







200904131740002.jpg


200904131740003.jpg




何粒かは流れてしまった・・・・・・・












もっかい水に漬けて、と。


200904131734000.jpg











もっかい、



遊ぶ!

200904131730001.jpg


ゴロン


遊ぶ!


200904131730000.jpg


ゴロン



遊ぶ!


200904131729000.jpg


ゴロン
















200904131742000.jpg






青年新潟協力隊の日は暮れゆく。

















信濃川のほとりにコシヒカリが生えていたら、僕たちを思い出してください。



200904131749000.jpg









青年新潟協力隊(仮称)  歓喜











追伸


Image267.jpg




Image264.jpg




Image266.jpg




Image269.jpg




Image270.jpg



その後、コメは無事に、歓喜宅の冷蔵庫に格納されました。


posted by 新潟青年 at 01:08| 新潟 ☔| Comment(4) | 素人ばかりで日本一のコメを育てる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

ナガサキに投下された原爆の火から生き残った稲の件

moridesu.JPG


↑この男。



先の花見において、ジュピターを熱唱しくさりさらしちらかした男・森 信行。
(ギリギリアラフォー・花嫁絶賛大募集中)

青年新潟協力隊・柏崎支部第一号にして唯一の隊員である。






ミスター・森はなんと、長崎の原爆投下後の1945年、爆心地から500mほどの焼け野原になった浦上天主堂横の水田で自生していた稲を持っているという。




ご存知の通り、我々、青年新潟協力隊は核兵器の解体にも力を入れている。


それが本当ならば、是非、生育したい。








「オーケー、じゃ、探してみるよ!」

弛緩した前田吟のような笑顔でミスター・森は柏崎に帰っていった。







数日後、彼から電話が入った。


「どうでした?ありました?」



「あぁ〜、ごめん。俺、籾すって、コメにして食っちまってたわ(笑)」










ちょ、何やっとんねんむかっ(怒り)













原爆から生存したコメを育てるという我々の夢はあっけなく散った。











かのように思われた。 が。










森氏のように、種籾をすって食べてしまうことなく、平和への祈りを込めて今まで植え継いできた方がいらっしゃるとのこと。
栃木県で農業を35年続けている、上野さん。







核兵器のない平和な世界と農業振興の思いのつまったピース米(仮称)。




また森さんのもとに送って頂けるとのこと。


そして青年新潟協力隊にも分けていただけることになった!



200904162120000.jpg


200904162139000.jpg



↑これがピース米(仮称)。






いのちを育むコメづくりと、核兵器解体、平和への祈りがつながった。



俺らのコメづくりって、もしかして、凄いことになってきてるんちゃうか!?という感じが段々しているのである。



青年新潟協力隊(仮称) 歓喜
posted by 新潟青年 at 02:04| 新潟 | Comment(0) | 素人ばかりで日本一のコメを育てる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。