hanami4.bmp

2009年04月03日

便所を掃除する人はお金に困らない件

6.gif


濱口國男さんという人の詩を紹介しよう。








「便所掃除」




扉をあけます

頭のしんまでくさくなります

まともに見ることができません

神経までしびれる悲しいよごしかたです

澄んだ夜明けの空気もくさくします


掃除がいっぺんにいやになります。

むかつくようなババ糞がかけてあります。


どうして落着いてしてくれないのでしょう

けつの穴でも曲がっているのでしょう

それともよっぽどあわてたのでしょう

おこったところで美しくなりません

美しくするのが僕らの務めです

美しい世の中も 

こんな処から出発するのでしょう


くちびるを噛みしめ 

戸のさんに足をかけます

静かに水を流します

ババ糞に おそるおそる箒をあてます

ボトン ボトン 便壺に落ちます

ガス弾が 鼻の頭で破裂したほど

苦しい空気が発散します


心臓 爪の先までくさくします

落とすたびに糞がはね上がって弱ります


かわいた糞はなかなかとれません

たわしに砂をつけます

手を突き入れて磨きます

汚水が顔にかかります

くちびるにもつきます

そんな事にかまっていられません

ゴリゴリ美しくするのが目的です

その手でエロ文

ぬりつけた糞も落とします

大きな性器も落します


朝風が壺から顔をなぜ上げます

心も糞になれてきます

水を流します

心にしみた臭みを流すほど 流します。


雑巾でふきます

キンカクシのウラまで丁寧にふきます

社会悪をふきとる思いで力いっぱいふきます


もう一度水をかけます

雑巾で仕上げをいたします

クレゾール液をまきます

白い乳液から新鮮な一瞬が流れます


静かな うれしい気持ちで座ってみます

朝の光が便器に反射します

クレゾール液が便壺の中から

七色の光で照らします。


便所を美しくする娘は

美しい子をうむ

といった母を思い出します

僕は男です

美しい妻に会えるかも知れません
























たり.jpg



↑ お口直し













で、表題の件ですが・・・・・



家には7人か8人くらいの神様がおるらしい。

一番最初にやってきた神様は居心地の良い居間に行くらしい。

んで、一番最後にやってきた神様は、便所しか残ってないから、そこに住むらしい。

便所の神様.jpg


しかし、その神様は大きな袋に宝物をいっぱい詰めてやってくるんだと。

だから一番最後にやって来るんだと。


なのに居場所は便所しかない。



そして、便所を大切にする人には、たくさん宝をくれるらしい。




















・・・・・・・・・・・・って、ほんまかコラ!?



















そこで。眼鏡












4/4(土) 新潟市古町商店街の便所をゲリラ的に掃除します。






000786-02-1.gif







おもむろに、ガラガラ、こんにちは〜 って入って、
便所掃除させてください!!って頼んで、掃除さしてもらう!
もちろん、無料!!!イェイサッカー



便所掃除しながら、自分の心のデトックスも行えると!
もちろん、無料!!!イェイゲーム




まったく新感覚の心のエステ!ぴかぴか(新しい)





参加したい人は、

4月4日13時、白山神社古町側の入口の鳥居に集合!

道具は基本的に持参!手(チョキ)

多少、持って行くけど、マイ道具の方が、ありがたみがあるでしょう演劇

夕方くらいまで、一軒一軒まわって、掃除します。


君の参加を待つ!


001.jpg



青年新潟協力隊(仮称) 歓喜
posted by 新潟青年 at 13:28| Comment(2) | 便所掃除でみんなが幸せになる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

便所を洗う門には福来る件

さて、以前に紹介した古町便所掃除ゲリラ












本日・4/11 午後1時 白山神社 鳥居前集合!




















午後1時。




































1310.jpg










・・・・いない。

誰もいない。





待つこと10分。




































1300.jpg








来ない!





誰も来ない!




白山神社前で写真を撮っている老夫婦のシャッターを押したりして、更に5分。










satositoutyaku.jpg






長谷川 聖(さとし)さん登場!!!









いやぁ〜

心細かったよ。



これで本日のメンバー全員集合!















いざ、上古町へ!

いざ一番兆.jpg











天気も良いし、気分もすがすがしい!












Image239.jpg











さっそく、意気揚々と、端からバンバンまわる俺ら。







オシャレなアクセサリー屋さんとか、レストランとかにおもむろに入っていく俺ら。


上下スウェットに便所ブラシつっこんだバケツ持ってツカツカと入っていく俺ら。


「すいません、僕ら青年新潟協力隊と申しまして、古町の皆さんのお役に立ちたくて、便所掃除させていただいてます・・・・・・・」



〔各店の反応〕


アクセサリー屋さん

「あ、ははは、そうなんですか、あ、ええ、ええ、うちは、うん、大丈夫です」




2階のカフェ

(全部言い終わる前に)「いま営業中なんで勘弁してください」




の向かい側の食堂

(全部言い終わる前に)「あー、あー、そういうのいいですから」




の隣の本屋

(全部言い終わる前に)「結構です」




の向かいの洋食屋さん

(全部言い終わる前に)「うちのトイレきれいだから!」




の向かい側のミシン屋さん

(全部言い終わる前に)「あ、いま、居ませんから」














???




















・・・・・・・何かがおかしい。

こんなはずじゃなかっただろ?

トイレ掃除すると、福がいっぱい、幸せいっぱい!

人にも感謝され、彼らも、俺らも気持ちイー!!

・・・・・はずじゃなかったのか!?














なのに、
















トイレにたどりつけない!!





















早くも打ちのめされ気味でミシン屋を出たとき、さっきの洋食屋のおかみさんが、店から出て、俺らの素性を聞きにきた。


なんでトイレ掃除してるのかを熱く語る俺らに、ひとしきり耳を傾けたあと、一言。




















「なんか不気味だよね(苦笑)」





























そうか!

俺たちは不気味だったのか!!!









そりゃそうだ!


いきなり店に来て、トイレ掃除させてくださいって、そりゃそうだ!









少しでも不気味具合を軽減するため、名刺を作ろう!っちゅうことになった。



100均に名刺サイズの紙を買いに行く俺ら。









途中にあったコンビニのトイレを2軒ほど掃除してみた。











きたねえ。

いつも何気なく使っていたけど、こりゃきたねえ。















Image219.jpg


Image220.jpg


















自分たちの使命を再確認し、100均で名刺サイズの紙を買い、せっせとボールペンで名前と連絡先を書いていると・・・・・・





































Image237.jpg





ヤギ登場。



髪を切って、SMAP時代の森くんみたいになっている。




















名刺も書き終わり、いざ、便所掃除に行こう!


ヤギは「とりあえず知り合いのところ掃除してきます」とのこと。


























雨が降ってきた。




























結局、俺と聖さんだけで、リベンジに向かう。

























続きはコラーゲンと紅茶のお店から。

Image223.jpg



名刺を渡してトイレ掃除を請願。





「毎日、自分で掃除してるわよぴかぴか(新しい)

と優しい笑顔のマダム。








・・・・やはり駄目か。






でも、ドライフルーツくれた。





Image221.jpg




やさしい。




記念写真。



Image222.jpg





よし、掃除はしていないけれど、確実に流れは来てる!

























そして向かいの銭湯。




番台のおじさんは

「うちのトイレきれいだよ」と言いながらも、

トイレの拭き掃除をさせてくれた!








Image224.jpg




イェイ!




ついに!やった!!!
















続いて、パッチワーク教室 もめんの花束さん


Image226.jpg




貴婦人が出てこられ、


「うちのトイレ汚いのよ〜若い男の人に掃除なんてさせて恥ずかしいわ〜」



と恥らいつつも、掃除させていただけた!!







しかも美味しいコーヒーも入れてくださり、自慢の息子さんの話も聞いてくださり、俺らの身の上話も聞いてくださった!




Image225.jpg





ありがとうございました!!!























それから更に何軒かまわり・・・・・・





















Image228.jpg











タトゥーショップ!!!








ジャッカニング恐れをなしながらも、お願いしてみる。






店長さん(多分)「あ、はぁ、じゃ、お願いします」







わ!掃除させてくれた!







ここのトイレもめっさキレイ!









Image227.jpg






良い人だ!!!








勝手にボーダーを引いているのは俺らだったと猛省。







勉強させていただきました。





本当にありがとうございました!!!
















続きまして、田から屋さん。



Image238.jpg



新潟の素晴らしい物を、再発見するNPO・メイドイン越後さんが経営しておられます。


快く、お掃除させていただけました!

しかもその後、取材(!)をしてくださり、メイドイン越後さんのメーリングリストで、僕らの活動を流してくださいました!




「青年新潟協力隊さん - 素敵なトイレ掃除野郎ども

(以下、本文より抜粋)

夕方近く、小雨がパラつきだした頃に、ふたりの青年が。



「トイレを掃除させていただけませんか」



一瞬、「???」が駆け巡る。

しかし、ひとりの顔には見覚えが。
映画「降りてゆく生き方」に参加した、谷口博幸(森太熊)氏だ。


何?何?
なぜに他人のところの、しかもトイレ?


まあしかし、今日はひとりっきりだし。
してくれるというなら断る理由もないと、田から屋の狭い狭いトイレへ。


掃除を終えて晴れやかなふたりをつかまえて、インタビュー開始。


「以前、上古町を歩いていたときに、
トイレに行きたくなったんですよ。
でもこのあたりには公衆便所がなくて」


(このメールを読みながら今何かを食べていた人、すみません)


・・・「そのとき、履物やさんがトイレを貸してくれまして」


ほうほう。


「あまり皆さんご存知なかったりするんですが、
今年は新潟大観光交流年なんですよ。
県外や海外からも観光客が来るでしょう」


そういえば最近、海外から来た人が上古町を歩く姿をよく見ますな。


「自分は人の親切に触れて、良かったなと思えたんで
同じように困っている人に、快くトイレを貸してもらえるよう、
そのときのお礼もかねてトイレを掃除させてもらって
まわってるんですよ」


なんだよ、とってもいいことやってんじゃんか!


連絡先を聞いて、名刺をもらった。
谷口博幸さんと、長谷川聖さん。

メルマガなんで電話番号は書かないけど、
興味を持った方は info@m-i-e.jp あてにお問い合わせください。」



Image230.jpg


本当にありがとうございました!!!























次は、すぐ側の八百屋さん?生活計画さん。


Image233.jpg




移転したばかりだそうで、まだ看板もございません。



新鮮なお野菜を安く売っている劇的に良心的なお店です!


Image231.jpg



↑こんくらいで300円くらいらしいです!



午後4時以降は特に安くなるのだとか。




移転されたばかりなだけあって、トイレも掃除し甲斐がありました!



Image232.jpg




ありがとうございました!!!



















最後は古町5番 午後3時からやっている居酒屋かくれんぼさんへ!





Image236.jpg




午後5時前で、このにぎわい!


それもそのはず、2000円あればたらふく食べてベロベロに酔っ払えるのだとか!




快くトイレ掃除させてくださいました!!!

でも、ここのトイレもキレイ!!!

店長の千野さんも良い方!



Image234.jpg




ウーロン茶いただきました!



Image235.jpg




ジョンも一緒に記念写真カメラ




イェイ!






ありがとうございました!!!



























トイレ掃除を終わってみると、なんとも清々しい。


トイレを掃除させてくれた方々のトイレは全部キレイだった。


トイレを開放してくれた方は、心も開いている気がした。


トイレ掃除をすると、人間が見える。自分が見える。自分が変わる。


トイレ掃除をすると、普段、見えないものが見えてくる。


町に落ちているゴミひとつが気になってくる。


ゴミを自然とひろってしまう。


自分が変わると、町も変わる。



普段、別にトイレを気にして生きてはいない。


しかし、トイレを見られるということの特殊性。



一番、汚いと思っている場所に、一番、大切なものが隠されている。









トイレ掃除をしたが、「頑張った」という感じは、無い。




ただ、楽しかった。







トイレ掃除は誰かと一緒にやるべきだな。


絆が深まる。





次回は4/30 午後1時 白山神社 鳥居前集合。





便所掃除を終え、一時間ほどした頃、母親からメールが来た。

親戚のおじさんから、俺にお小遣いを預かったとのこと。

もう、そんな歳じゃないのに・・・・・・・

これが便所掃除効果なのか。






青年新潟協力隊(仮称)  歓喜



posted by 新潟青年 at 03:15| Comment(7) | 便所掃除でみんなが幸せになる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

人生で大切なことは全て便所から学んだ件

彼は優雅にティータイムを愉しみながら、僕を待っていた。



Image293.jpg



まるくん。
ファッションデザイナーを目指しながら、働いている青年。





4/26。
彼と二人で上古町商店街をゲリラ便所掃除した。





Image297.jpg

Image294.jpg

Image295.jpg

Image299.jpg

Image300.jpg

Image305.jpg

Image301.jpg

Image303.jpg



前回は断られたお店で掃除させていただいたり、会えなかった方とお会いできたりで、前回よりも多くのトイレを磨かせていただくことができた。



デザイナーとは、美を追究する者。
それを目指す彼が、愚直に、一生懸命、他人様の便器を磨く姿を見て、僕は本当に感動した。



昔は、奇抜な格好、目立つ服、派手な装い、人と違ったもの、洒脱をいかに利かせることが出来るか、それが美しさだと思っていた。



いま、僕にとって「美しい」とは、機能であり、実質であり、肌触りであり、味わいであり、匂いであり、丈夫さであり、快適さであり、信頼感であり、歓びである。



単なる飾りには美しさを感じなくなった。
それが何かのため、誰かのためであるなら話は別。
誤魔化しのための装飾には、いつからか虚しさを感じるようになった。



それは己を尊大に見せるため、策を張り巡らし、饒舌に、狡猾に、計算高く、意識を表層にのみ張り巡らしていた自己への疲れからだったのかもしれないと、今は思う。



僕よりもずっと若いのに、勇気を持って人に頭を下げ、誇り高く便器の裏まで磨き上げる青年を目の当たりにし、尊敬の念を禁じ得ぬとともに、彼の今後の成長にわくわくして仕方がないのだった。




何を作ったのかではなく、誰が作ったのか、何を着るかではなく、誰が着るのか、それこそが、本当に大切なことなのではないかと、心中、最敬礼で彼に教わった一日だった。




新潟青年協力隊 歓喜




posted by 新潟青年 at 02:58| 新潟 | Comment(0) | 便所掃除でみんなが幸せになる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

便所掃除から、何かが変わってゆく件

第三回 上古町 ゲリラ便所掃除 feat.聖さん



さとしさんと便所掃除.jpg


↑この人はほんまに、一心不乱に便所を磨く。
真剣そのもの。





しかし、便所掃除。

第一回目は、ひたすら怪しまれた。

第二回目は、掃除させてくれるところが増えた。


そして、今回・・・・・

ついに、某有名新聞の記者さんに密着取材されました!!!



新潟青年協力隊の活動は何度か、新潟日報さんや朝日新聞さんに載せていただいていますが、農業関係の活動が中心でした。



今回は、新潟青年協力隊の活動の中でも、

最も地味で、

参加者数も少ない、

変な目で見られる、

便所掃除部門の取材!!!





なぜ、数人の男がまちの片隅でしている便所掃除が、こんなに注目されるのか!?

便所掃除をやるたびに、人とのつながりは濃くなってゆく。

断られた所も、させてくれるようになってくる。

いつの間にか、上古町は知ってる人だらけになっている。



・・・・・やはり便所掃除には、何かがあると確信する。



新潟青年協力隊 歓喜


posted by 新潟青年 at 14:49| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 便所掃除でみんなが幸せになる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

新青協が解体するのは核兵器だけではない件



※ブログの最後に大切なお知らせがあります。





images (1).jpg




何でもコツコツやるのは大変です。







images (2).jpg


行脚の間、新青協の活動は、草取りだけじゃなく。





P8107459.JPG


便所もキッチリ磨いておりました!





僕も、行脚から帰って来て、早速、磨きに行って参りました。





14時に待ち合わせの古町モール、男・岩鬼像前に行くと・・・・・



P8107455.JPG




居ました!

居ました!


日本一気分の良い男・お笑い介護福祉士!








P8107543.JPG



便所の神様・長谷川 聖(さとし)35歳!

「便器が止まって見えた」の名言はあまりにも有名です!!








この日は、聖さんと二人で古町7番町を新規開拓に!!





実は、これまで地道に活動を続けてきて、

この商店街ゲリラ便所掃除は9回目を数えるようになりました。

トイレを清掃するだけでなく、

ゴミ拾いも並行して行ったりしています。




200906101544001.jpg




多い時は、10人以上にもなり、

4チームくらいに分かれて掃除したりもしています。




027.jpg




白新中学校から、中学生が志願して参加したこともありました!




Image470.jpg




思春期の乙女が果敢に素手を便器に突っ込んでいく姿に、

激しく鼓舞された新青協の面々でした。



Image472.jpg


これまで上古町〜古町6番町、ニュー本町、西堀等を清掃してきました。

お蔭様で、ユニークな取り組みとして、新聞やTVにも取り上げられております。



で、今回、新規開拓ということで、古町7番町に乗り込みました!






ふるまちクリニックさん!





P8107467.JPG


うりゃ!


P8107463.JPG







じゅのーびさん





P8107470.JPG


うりゃ!


P8107468.JPG






オシャレな洋服屋さんにも突入!





P8107471.JPG


うりゃ!


P8107472.JPG


うりゃ!


P8107486.JPG



清掃完了!!ぴかぴか(新しい)






ギャルがいっぱいいらっしゃるお店にも臆せず突入!





P8107522.JPG


うりゃ!


P8107496.JPG


うりゃ!


P8107500.JPG


うりゃ!


P8107509.JPG


うりゃ!


P8107525.JPG


清掃完了!!ぴかぴか(新しい)





どんどん行きます!



P8107527.JPG


うりゃ!


P8107528.JPG


うりゃ!


P8107535.JPG


ポイント2倍!!








更に・・・・・




P8107539.JPG


便器分解!!


P8107546.JPG


うりゃ!


P8107547.JPG


うりゃ!


P8107549.JPG


うりゃ!


P8107555.JPG


アイシテルフルマチ!!





今回、感じたのは、意外と僕らのトイレ掃除活動が有名になってきていることでした。


更に、驚くべきことに!


「あ〜!知ってるゥ!

なんかぁ〜、この人たちが来るとォ、

トイレ、めっちゃ綺麗になるらしいですよ!!」


と言われ、ポジティブな噂がたちはじめていることを知りました!!




思えば、第一回の頃は、怪しまれ、疎まれ、嫌がられ・・・・・

古町1番町から7番町の間ですが、随分、遠くへ来た気がします。





というわけで、

第10回メモリアルゲリラ便所掃除

古町トイレ解放戦線


開催のお知らせです!!

血気盛んな志願兵の皆さんは、

8月29日(土) 14時 古町モール

男・岩鬼像前に集結してください!!





P8107553.JPG



トイレ清掃で、

商店街の皆様に、気持ちよくお仕事をして頂きましょう!!




新潟青年協力隊   歓喜




posted by 新潟青年 at 00:49| 新潟 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 便所掃除でみんなが幸せになる件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。