hanami4.bmp

2011年04月12日

「復興」とは、「幸せに気付ける力」を身につけることだと思いいたった件

東日本大震災に関して、自分たちなりに取り組んで参りました。

多くの方から、様々な意見を頂戴いたします。

本当にありがとうございます。


今回の東日本大震災で被災された方に、衷心よりお見舞い申し上げます。

実際、私・谷口の親戚の多くも、宮城県栗原市・気仙沼市にて被災いたしました。

幸いにも全員の無事が確認できております。

家族や友人、大切な人を亡くされた方、また思い出いっぱいの家、故郷を失ってしまった方のお気持ちは察するに余りあります。

震災から一ヶ月を経て、尚、不安は終息への兆しを見せません。

まさに未曾有の大災害により、当たり前の明日が、必ずしも約束されたものではないということを、全国民が思い知ったのではないでしょうか。


いま、日本人の価値観、人生観、幸福観、世界観が大きく転回しようとしております。

復興とは、きっと、元通りに戻すということではないのだろうと考えます。

元通りに戻すには、あまりにも喪ってしまったものが多過ぎる。


復興の意味を、「皆が幸せに生きていけるようにすること」と定義すれば、現状に対しての、新しい価値の創造が求められる局面に来ております。


神経症的な世の中では、自粛ムードからなかなか脱却できません。

自粛しても誰も喜ばない、経済をしっかり回せと言われても、なかなか行動に移せない。

慎み深い日本人。

楽しく生きることに罪悪感を抱いてしまう。

楽しくどころか、普通に生きることにさえ罪悪感を抱いている人もおられます。

私も、例外ではありません。


何故なのか?

私は、こう感じました。

今まで、当たり前のように、文明生活を享受してきた自分たち。

飽食といわれて久しい時代。

地球の裏側では、生まれてから死ぬまで被災している人が夥しい数います。

その事実を知ってはいても、出来ることはほんの僅かです。

出来ることをする人は、更に僅かです。


東日本大震災が起こり、身近に「それ」がやってきた。

「それ」が、自分ごとになった。

同じ国の同胞が被災している。

郷土が壊滅している。

放射能のことまで考えれば、もはや安全な場所など無いようにすら思える。

いままで通りに過ごすことなどできない。

自粛を促す罪悪感の根源は、「幸せだったのに、それに気付いていなかったこと」にあるのではないでしょうか。


「自粛する」

自粛すると、考えなくて済む。

自粛すると、責められなくて済む。

自粛すると、何かやったような気持ちになる。


ただ、自粛しても、何も変わらない。

誰も救われない。


自粛の意味を調べてみました。


「自分から進んで、行いや態度を慎むこと ―デジタル大辞泉(小学館)」


いま、自分から進んで、慎むべき「行い」や「態度」とは何なのでしょうか。

それが、本当に飲み会やイベントの開催ならば、きっちり、それを自粛するべきです。

それを止めたことで、本当は喜ばせられた人を、喜ばせられなくなることに、その日の為に一生懸命、準備してきた人が悲しむことに、なかなか思いはいたりません。

喜ぶということ自体が、不謹慎だというような風潮が蔓延しています。

自分たちも何か「痛い思い」をするべきだというようなムードが、鼻腔から脳髄を侵食してきます。

何のために自粛するのか、何を自粛するべきなのかを、考えてみる必要性を感じました。


私は、「こんな情勢だから、なんとなく無難にすべて自粛しておこう」という、自身の思考停止ムード、罪悪感を避け、やりすごす怠惰な生命をしっかり自粛するべきだと思いいたりました。



つまり、「自粛を自粛する」ということです。



自粛から、自律へ。


新しい価値の創造は、自身の生命を革新し続けて行く以外に成し得るものではないと感じています。


新潟青年協力隊 総隊長 谷口 博幸




posted by 新潟青年 at 01:31| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災の件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

避難者の方々とお花見の件

先日、

「復興」とは、「幸せに気付ける力」を身につけることだと思いいたった件

という記事を投稿しました。

これに対し、いろいろ反響を頂き、感謝しております。



明日は、

新潟青年協力隊と新潟市体育館に避難してきていらっしゃる方との

交流お花見大会が開かれます。

先ほど、場所取りに行って参りました。



何度か新潟市体育館に足を運び、

避難されている方々とお話させて頂いております。

皆さん、

個人差は当然ありますが、お元気です。

逞しいです。

正直、

最初は、腫れ物に触るようにしか接することができませんでした。

自粛ムードを打破しようというお花見のお話も、

恐る恐るしていました。

しかし、

逆に「本当に嬉しいわ!ありがとう!」元気づけられ、

励まされているうちに、

人間対人間の対話が出来るようになってきました。

「被災者」という記号化されたイメージで相対していると、

なかなか人間的なとっかかりはできません。

明日は、

しっかり交流して、忌憚なく話していける人間関係を構築しようと思います。

昨日まで降水確率40%で、

雨が心配されましたが、

なんとかお天気も持ちそうです。

桜の花たちも、明日に向けて、一生懸命、準備していました。

花見の場所取り 004
花見の場所取り 004 posted by (C)新潟青年協力隊



新潟青年協力隊 総隊長

posted by 新潟青年 at 00:24| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災の件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

新青協アンテナショップ出店の件

2011年4月29日

アースデイ新潟2011 006
アースデイ新潟2011 006 posted by (C)新潟青年協力隊


アースデイ新潟

@ビュー福島潟


アースデイ新潟2011 007
アースデイ新潟2011 007 posted by (C)新潟青年協力隊


新潟青年協力隊のアンテナショップを出店しました。

アースデイ新潟2011 004
アースデイ新潟2011 004 posted by (C)新潟青年協力隊


商品はポジティブ米(玄米・白米)

※売り上げの一部は、日本財団経由で東日本大震災の義援金として送られます。

前日に、こんくらい売れたらええなぁ〜と思いながら、米袋のパッケージを一枚一枚、心を込めて書きました。

アースデイ新潟2011 002
アースデイ新潟2011 002 posted by (C)新潟青年協力隊

そして迎えた当日。

アースデイ新潟2011 003
アースデイ新潟2011 003 posted by (C)新潟青年協力隊


別件で居合わせたNST中田エミリーさんと久々の再会。

幸先良いスタートを切りましたが、


雨。


降ったり止んだり。

やむを得ず、

屋内に退避を余儀なくされました。

でも、売れる売れる。

アースデイ新潟2011
アースデイ新潟2011 posted by (C)新潟青年協力隊


午後3時過ぎには、

持ってきた60`を完売しました!

アースデイ新潟2011 008
アースデイ新潟2011 008 posted by (C)新潟青年協力隊



本日の売り上げ、出店料を差し引き

28,872円

でした!

皆様に、感謝!!



帰りに亀田のスーパーセンターMUSASHIで、

明日の種まき用の資材を買ってきました!

アースデイ新潟2011 009
アースデイ新潟2011 009 posted by (C)新潟青年協力隊


明日も頑張ります!!


新潟青年協力隊 総隊長

posted by 新潟青年 at 00:48| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災の件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

東日本大震災復興支援お花見の件





場所取りまでで話が止まっていました。


復興支援お花見大会 (7)
復興支援お花見大会 (7) posted by (C)新潟青年協力隊



お花見の件です。


新潟市体育館
新潟市体育館 posted by (C)新潟青年協力隊



新潟市体育館に避難されている被災者の方々と一緒にお花見させていただきました。


’11お花見 001
’11お花見 001 posted by (C)新潟青年協力隊



新青協と合わせて


’11お花見 008
’11お花見 008 posted by (C)新潟青年協力隊



総勢50名近くが、

りゅ〜とぴあ空中庭園のお花見会場に集いました。





花見実行委員長・ジュニアによる乾杯でスタート!




被災者の皆さんも、楽しい、嬉しいと言ってくださり、


復興支援お花見大会 (6)
復興支援お花見大会 (6) posted by (C)新潟青年協力隊



逆に元気づけられる思いでした。


復興支援お花見大会 (1)
復興支援お花見大会 (1) posted by (C)新潟青年協力隊



本当に多くの方が、参加してくれた復興支援お花見大会。


’11お花見 015
’11お花見 015 posted by (C)新潟青年協力隊



事前に


’11お花見 010
’11お花見 010 posted by (C)新潟青年協力隊



福島、宮城の日本酒を入荷し、


’11お花見 009
’11お花見 009 posted by (C)新潟青年協力隊



1杯500円で義援金を募りました。


’11お花見 016
’11お花見 016 posted by (C)新潟青年協力隊



みるみる減っていく義援酒!



蔵人
蔵人 posted by (C)新潟青年協力隊



春日町の居酒屋 藏人の店主・渡邉さん。

花見の数日前に入隊されました。


’11お花見 011
’11お花見 011 posted by (C)新潟青年協力隊



なんと、福島の純米酒を2本ひっさげて参加!!

おかげさまで、

’11お花見 019
’11お花見 019 posted by (C)新潟青年協力隊


たくさん、義援金をいただきました!!

この日、集まった義援金19,450円に新青協活動費550円を足し、

合計20,000円を

日本財団を経由し、
4月21日付で、被災地に送らせていただきました。

微々たるものではありますが、今後とも、復興支援に協力していければと思っております。

'11 花見 (2)
'11 花見 (2) posted by (C)新潟青年協力隊


本当に、ありがとうございました!!

posted by (C)新潟青年協力隊

新潟青年協力隊 総隊長


posted by 新潟青年 at 15:21| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災の件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

事前田植え2011の件

5月28日 

8:30 

キープクリーンへトラックを取りに行く



9:30

苗床にて、家元と合流。

へぎを積み込む







家元は子供たちを着替えさせるため、一旦、帰宅。


10:00

事前田植え 001
事前田植え 001 posted by (C)新潟青年協力隊



田んぼにて、へぎを下ろし、田植え開始!





今年の田植えは、田んぼ定規を使います!


田んぼ定規 001
田んぼ定規 001 posted by (C)新潟青年協力隊



田んぼ定規は、


田んぼ定規 006
田んぼ定規 006 posted by (C)新潟青年協力隊


ところどころ壊れておりました。


5月22日 002
5月22日 002 posted by (C)新潟青年協力隊



それをバンブーが一人で直してくれました!


田んぼ定規 004
田んぼ定規 004 posted by (C)新潟青年協力隊



木の色が違うところは、バンブーが修復してくれたとこです。


12:00


家元がカムバック


家元んとこの子供たち、やんちゃすぎる!


事前田植え (2)
事前田植え (2) posted by (C)新潟青年協力隊



田んぼ落とすぞ!


事前田植え (4)
事前田植え (4) posted by (C)新潟青年協力隊



結局、カエルを捕まえることに集中していただきました。


13:00


中山さんが登場



ほどなくしてジュニアも登場

田んぼ定規を転がし、1/3程度を植えてフィニッシュ。

田んぼ定規をまっすぐ転がすのは至難の業ですが、微妙な作業愛好家の家元ががんばってくれました。

明日、晴れてくれることを願いつつ、

17:00

撤収。



新潟青年協力隊 総隊長

posted by 新潟青年 at 15:46| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災の件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。